カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ

人気エコバッグ・ブランドエコバッグの通販専門店

ログイン カートを見る
 

8,640円以上お買い上げで送料無料
スタイルで選ぶ 素材で選ぶ ブランドで選ぶ シーンで選ぶ 価格で選ぶ

店長日記 バックナンバー : 2011年

2011/12/25
★イギリスのクリスマスの味といえば・・・★

イギリスのクリスマスに欠かせないものと言えばミンスパイ(mince pie)。
16世紀頃から伝わる伝統的なお菓子です。キリストのゆりかごをかたどったと言われる
独特な丸い形が一般的ですが、最近は写真のような四角い形も増えてきました。
もともとはひき肉(=mince)にスパイスやドライフルーツを加えて脂肪で固めたものでしたが、
今ではお肉は使われず中身はほとんどドライフルーツになっています。
”すっごく美味しいものなのか?”と言われれば、そうでもないのですが(笑)、
やっぱりクリスマスは家族が集まってミンスパイを食べるのがお約束です!


今年はイギリスの高級スーパー、ウエイトローズのミンスパイをいただきました!
有名シェフ監修だとか・・・確かに庶民派スーパーの商品よりリッチな味わいだったような。。(笑)


オーブンやレンジで温めて、写真にあるPine Suger(=粉雪のような砂糖)をふりかけたり
ホイップクリームをのせて食べるのが伝統的な食べ方です♪


2011/12/6
★表参道のクリスマスイルミネーション★

クリスマスまであと少し!イルミネーションで飾られた風景を見るとワクワク感とともに、
年末が近づいていることを実感して、何だか焦った気分になるのは私だけでしょうか(笑)
東京に住んでいらっしゃらない方でもテレビなどで表参道のイルミネーションを
ご覧になったことがあると思います。
実は、表参道にかかる歩道橋の上は写真撮影のベストスポットなのですが、あまりに多くの
人が押し寄せて通行の妨げになってしまうため、イルミネーション点灯期間は歩道橋が
使用禁止になってしまうのです!
歩道橋の入口にはがっしり「進入禁止」のテープがはられ警備員がガードしています。
そんなわけで、警備員の目を気にしながら、ギリギリまで道路側に出て撮影してきました♪


今年は電球を飾るけやきの木を昨年の153本から96本に、LED電球を90万球から65万球に
それぞれ削減して節電に協力しています。


こちらはラフォーレ原宿前のクリスマスツリー♪
女性に大人気のブランド「SEE BY CHLOE」のロゴがデコレーションされています。


2011/11/13
★2012年に向けてイギリスが盛り上がっています★

2012年は「ロンドンオリンピック」「エリザベス女王即位60周年」と、イギリスが世界中の
注目を集める年になりそうです!オリンピックスタジアムの建設にともないロンドン北エリアの
開発はめざましく、新しい駅も出来て交通の便も良くなりました。
日本からの空の便ではブリティッシュエアウエイズが羽田からも直行便を出していますね。
機体に描かれたユニオンジャックを見るだけでも、イギリス好きはテンションが上がります(笑)
来年の夏に向けてこれからエンジン全開で盛り上がって行くイギリスに大注目です♪


ロンドンの街を走るタクシーもユニオンジャック柄にペイントされていてPOPです!
これはよ〜く見ると、Vodafoneのロゴがぎっしり描かれているんですよー。


2011/10/16
★街中に現れたかわい〜い羊たち★

おしゃれなショップやカフェなどが並ぶロンドンの人気ショッピングストリートのど真ん中にかわいい
羊たちが登場しました♪これは、某ファッションブランドが行った「ウールキャンペーン」です。
”自社の製品は、このように元気に育った羊から刈り取った上質のウール糸を使ってできています。
そして、売上の一部が牧場の運営などに役立てられています”という、製品と社会貢献のPRですね。
羊のかわいさでPR効果は抜群!子供は初めてさわった羊におおはしゃぎ。
(私も子供に交じってさわってきました・・笑)
みんなにさわられても騒がずおとなし〜くしていた羊たちはさぞかしお疲れだったはず。。。


毛の密度がすっごく詰まっていて、さわると本当に柔らかくて気持ちがいいですよ〜
白ではなくてちょっと汚れている感じのベージュの色がまたカワイイ♪


2011/9/13
★お花でラッピングされたような伝統的なブリティッシュパブ★

とにかく見た瞬間に、その美しさに圧倒されます!建物全体がお花でラッピングされたようなステキなパブ♪
ロンドンのノッティンヒルゲート駅から東に徒歩5分ほどのところにある「THE CHURCHILL ARMS」。
このパブ以上に伝統的なブリティッシュパブはないだろう・・というくらい、ここには今でも古き良き時代の
英国が息づいています。

店内は銅の器や帽子の箱などが天井からディスプレイされ、壁には歴代のアメリカ大統領や英国首相の
写真が隙間なく飾られています。手入れが行き届いたピッカピカのカウンター、テーブル、柱や整然と並べ
られたグラスからも「伝統」「格式」「上品さ」を今に継承するこのパブの誇りを感じます。
もちろんパブならではの心地よいリラックス感も味わえる最高の場所です♪

この素晴らしいフラワーディスプレイでさまざまな賞を受賞しています!
Address : 119 Kensington Church st, Notting Hill, Kensington, London W8 7LN


パブの横にはこじんまりしたレストラン!屋根の上までお花でいっぱいです。
ここではリーズナブルな価格で美味しいタイ料理がいただけますよ!


夏〜秋の初めくらいまでは満開のお花が楽しめます!観光客にも大人気のスポットです。
一つ一つのお花に本当に愛情を注いでいるのが伝わってきますよね♪


2011/8/25
★穴場スポット!こんな所にかわいいお店がいっぱい★

ここのところロンドン関連の話題が続きますが、どうぞお付き合いください♪
ロンドンでも特に若者や観光客に人気の”カーナビーストリート”は有名ですよね。
その通りに見過ごしてしまいそうな小さな入口があり、そこを抜けると「Kingly Court」
というステキな建物が現れます。約30軒の小さいショップが集まった3階建ての建物で、
ここにしか出店していないレアなショップもいくつもあります。
「えっ!こんな所にかわいいお店が・・」という穴場スポットです。


中庭のオープンエアカフェは大人気!天気の良い日は最高に気持ちいいですよ♪
でも、いつも混んでいて席をゲットするのはかなり難しいですが。。。


私のお気に入りはビンテージの洋服&アクセサリーのショップとビーズ専門店。
ケースに入って整然と並ぶカラフルなビーズは本当に美しくて、そこにいるだけでワクワクします。
ロンドンっ子の間ではここのビーズで自分だけのオリジナルアクセサリーを作るのも大人気です!


2011/7/12
★屋台で食べる本場のモロッコ料理★

時々、無性に食べたくなることがあります。モロッコ料理(笑)!!!
最近では「タジン鍋を使った蒸し料理がヘルシー!」なんて紹介されて一気に注目度アップですよね。
日本でもモロッカンレストランに行きますが、お気に入りはやはりロンドンの屋台で食べる本場の料理♪
モロッコから移民された方がやっている屋台なので、味は間違いなし!地元っ子に愛されています。


これは日替わりランチ!このお皿の直径は35cmくらいあります(でかっ・・・)
この日は、シーバスのグリルにサフランライス、パン、サラダ、チップスが付いて
£7.00(約950円)。この値段で本場の味が楽しめるなんて「屋台バンザイ♪」です。


2011/6/15
★靴フリーク★

私はバッグと靴が大好きで、コーディネートはまずバッグと靴を決めてから・・最後に洋服です。
靴好きはずーと昔からのことで、長年コレクションのように保管している靴たちは私の宝物です。
履かないのに捨てられないんですよね〜これが。。。
先日、靴の整理中に20年以上前にミラノで買ったGUCCIやPRADAの靴が出てきて、
一気にバブルを謳歌した80年代にタイムスリップしました(笑)
しばらく眺めていましたが、今見ても全然古さを感じさせなくてとってもおしゃれです!!

豪華で美しい靴はもちろん好きだけど、フリーマーケットでビンテージの靴を探すのも大好き♪
とくにロンドンでは写真のテントの中でひたすら掘り出しもののブーツを探すのが楽しみです。
ブーツをクリップで挟んで吊るしちゃっている雑さがまたロンドンらしい。。。


ブーツ専門ショップ!人が履いた靴に抵抗がある方にはお薦めしません(笑)
デザイン、カラー、レザーの質感、サイズ・・すべて納得のいくものを見つけるのは至難の業!!
でも、それを見つけ出すのがセカンドハンドマーケットの醍醐味です。


2011/5/26
★ファッション好き必見!映画「イヴサンローラン」★

現在、「イヴサンローラン」というタイトルの映画が公開されています。
「成功と栄光」の陰にある天才デザイナーの「孤独と苦悩」を描いたドキュメンタリー映画です。
ファッションビジネスが企業化し、ファストファッションが市場にあふれる現在とは全く別世界だった
1940〜60年代。写真のような新しいスタイルが発表されてモード界を華やかに彩った時代を担った
デザイナーの一人がサンローランでした。

  


2011/4/25
★お気に入りの作家★

”毎朝出勤前に必ず20分の読書”を15年間続けているイギリス人の友人がいます。
本当に尊敬!!見習わなければ。。
その友人は選り好みせずさまざまなジャンルの本を読んでいるので、いつも「はずれなし!」の
作家や本を薦めてくれるのですが、お薦め作家の中でも私がはまったのが、下の写真にある
「LISA JEWELL」と「SUE TOWNSEND」。この二人の作品を初めて読んだのは12年前。
それ以来、新作が出るたびに必ず購入して読んでいます。次回作も楽しみです。


外国の本は表紙のイラストのタッチもちょっと日本の本とは違いますよね!
e-bookも便利ですが、やっぱりインクの匂いと紙の質感は良いなぁ〜と感じます


2011/3/31
★レバノン料理★

レバノン料理・・・と聞いても、どんな料理なのかパッとイメージがわかないですよね。
何となくお肉ばっかりの料理を想像してしまいますが、、、実はすっごくヘルシー!
野菜、お豆、香草がたっぷり。どんな料理にもかけてしまうヨーグルトソースもくせになります(笑)
明日からロンドン出張!写真の人気レバニーズレストラン、「Yalla Yalla」で思いっきり食べてきます。


「Yalla Yalla」は現在ロンドンに2店舗!メニューが豊富で持ち帰りもOK♪
Address : 1 GREEN'S COURT, LONDON, W1F 0HA
Address : 12 WINSLEY STREET, LONDON, W1W 8HQ


2011/2/18
★日常の何気ない風景★

先日、突然「写真の整理をしていないなぁ〜」と思い、PCの中に溜まった写真を眺めていました。
忙しい日常生活の中で自分のまわりの風景を気にするとって、あまりないですよね!
でも、私がロンドンに住んでいた頃に撮った写真には、何気ない日常の風景がいっぱい
切り取られていました。
東京もちょっと気にして見てみればステキな風景は沢山あるはずですね♪
住んでいる場所ではなく、これは心のゆとりの問題ですね。。。


仕事の行き帰りに良く通ったバークレースクエアー
夏は深い緑に囲まれてみんなの憩いの場に!冬枯れの景色もまたステキです♪


ノッティンヒルにある大好きなフラワーショップ!いつもここの前を通るのが楽しみでした
友人の誕生日プレゼントの花束をステキにアレンジしてくれました


ロンドンの自宅の窓から撮った感動の景色!!
激しい雨が通り過ぎた後に大きな虹がかかりました♪


特別有名な場所でもない、まさにどこにでもある街中の景色!
ロンドンの日常を感じさせてくれる私のお気に入りの一枚です


2011/1/6
★「さぁ〜て、今年こそは!」・・・年の初めに思うこと★

弊社の恒例行事である日枝神社への初詣に今年も行ってきました。
初詣の日は毎年ぬけるような青空!
この時ばかりはこの青空に負けないくらい気持ちも清々しく(笑)、
「さぁ〜て、、今年こそは・・・」といろいろなことを心に思います。
意気込みだけはたっぷりです!!
「今年は必ず毎日これをしよう!」と決めたことが一つあるので、
一年間絶対継続したいと思っています。
来年の今頃、「きちんと実行できた!」と思えるようにがんばらないと。。。
2011年が皆さまにとってステキな一年でありますように。


人、人、人・・・ですが、こんなに混雑していても、順番が近づくときちんと
決められた13列に横一列になって参拝できる日本人ってスゴイ!と妙に感心。


日本のお正月の良き風情です。この伝統は是非残して欲しいですよね〜